Title :A PLACE FOR STARS

Size:w4000mm×600mm h3000mm

Material:Stainless steel/Urethane paint

location:Lodz Poland (2019)

I believe Art is important because it gives us a means to imagine what isn’t. In my
personal art making, I strive to create works that provoke such imaginings. The
Unicorn, a sculptural installation located at the Lodz central bus terminal
(nicknamed the “Unicorn Stable”) is of no exception.

Each variation of the mythical creature: the unicorn, is specific to the storyteller
in some instances, it is a sacred beast which can purify, while in others, it is seen
as dangerous and violent. Its most well-known characteristic: its single horn, can
be seen as a design emblem with equally varied meanings throughout visual
stories across cultures. I like to think that each individual in Lodz already has
their own subconscious unicorn image and/or story.

In order to provoke this sense of imagination, I use a star motif as a signifier, while
implementing negative space as an almost anti-signifier. I believe that this
negative space, though not suggestive of anything specific, can act as a powerful
stimulant to one’s imagination. I want this break in the sculpture to act as a space
for the viewer to subjectively fill in the blanks.

Though not as open-ended as ‘blankness,’ I rely on the star motif as another means
of tapping into the viewer’s imagination. The star motif can signify such things as:
stories told through constellations, personal theories on life and death,
wonderments of space and time, and more. By utilizing both the concept of
‘blankness’ as well as the motif of ‘stars,’ I hope the Unicorn encorages passersby to
create imagined stories guided by memories and new ideas.

To me, this bus terminal, with its many colors and layers of light, along with its
traffic of people traveling thru, symbolizes a sense of togetherness within diversity.
Considering the sociopolitical climate of the current world, I believe operating in
unison is an incredibly powerful tool in combating intolerance and division.
Working hand-in-hand with this idea, I want the Unicorn to provide another sense
of unity by creating discourse within the community. Sharing personal stories,
whether imagined or real, can create true bonds between peoples; I wish to
contribute to these conversations with this public work: the Unicorn.

Tomohiro Inaba



はじめに、私は鑑賞者の想像力を喚起し続ける作品を作りたいと常に思っています。 なぜなら、何かを想像するという豊かな時間を生み出す切掛けになることが芸術の一 つの在り方と考えているからです。

今回、機会を頂いたウッチ市の中央トラム駅そばの彫刻作品も同じ気持ちで制作させ ていただきました。

多様な価値観やルーツをもったウッチ市の人々や観光客が集う中央トラム駅の虹色の 駅舎は、まるで多様性や共生のシンボルの様に見えます。 私は、そのような駅のそばに、作品を目にした人の数だけの解釈が生まれる事を期待 した作品を設置することで、多様な価値観や思想がある事の豊かさを伝えたいと思い ました。

駅舎のシンボルになっているユニコーンは様々な物語や神話に登場します。 それらの物語によって、性格や立場、容姿、能力は異なります。 ある物語では浄化の力を角に持つ聖獣として描かれ、ある場面では荒々しい性格の獣 として描かれています。 またそれらの物語の印象に加えてその一本角のフォルムは様々な意味の象徴として紋 章やマークなどのデザインに用いられています。 きっと、ウッチ市の皆さんも既にそれぞれのユニコーンのイメージを潜在的に持って いるのではと私は考えました。

そのようなユニコーンの多様なイメージから更に新たな物語や解釈を自由に想像して もらえるように、私はユニコーンのフォルムに「空白」の要素と「星」のイメージを 加えて造形をしました。

「空白」は人のインスピレーションを刺激します。 物体のフォルムと存在感によって想いを表現する彫刻表現にとって、あえて形の存在 しない無の部分をつくる「空白」の造形は、鑑賞者の想像を喚起し、想像されたイメ ージを受け入れることにより彫刻表現をより豊かにすると私は考えています。

続いて「星」のモチーフは、多くの人がそれぞれの宗教観や死生観、宇宙科学や物語 の記憶などによる潜在的なイメージを持っている貴重なモチーフと私は考えており、 今回ユニコーンのフォルムを構成する要素として用いることで、鑑賞者が想像するイ メージにその人の感情や記憶が深く関わる効果を期待しています。

作品のフォルムと皆さんがお持ちのイメージを組み合わせて自由に想像を膨らませて頂けたら幸いです。 そして、想像したイメージを互いの言葉で伝えあい、お互いの想像したイメージの異 なる部分や似た部分を楽しみ、そのコミュニケーションをきっかけに多様な考え方が あることの豊かさを感じてもらいたいと思っています。

多様性、寛容性が問われる今、私はこの作品を設置し、お互いが理解しあえる寛容で 豊かな日々が続くことを祈ります。



稲葉友宏